ニュースキンの危ない噂!?それ違反行為なんじゃないの!?【MLM・ネットワークビジネス】

MLM・ネットワークビジネス

ニュースキンの危ない噂や違反行為について触れていきます。

 

化粧品や健康食品の販売を手掛けているニュースキン。

その販売方法はマルチ商法(連鎖販売取引)で正直良いイメージがあるとは言い難いです。

マルチ商法自体は合法ですので、しっかりと決まりを守れば何も問題はないのですが・・・

人によっては儲けを優先し、ルールを逸脱したビジネスをやっている人がいるのも事実!

実際に私も勧誘された経験があり、「これやばくね?」と思ったこともあります。

この記事ではそんなニュースキンの危ない噂を実体験も交えて紹介していきます!

 

 

マルチ商法(連鎖販売取引)で禁止されていること

・勧誘目的を伝えずに会う約束をする

「良い話がある」「会わせたい人がいる」等マルチ商法の典型的な勧誘文句ですが実は違法です。

特定商取引法第33条の2項に、「氏名などの明示」という規定があります。

 

・誰でも簡単に稼げて絶対儲かると誇大表現を使う

実際にマルチ商法で稼げているのは全体の一部。

絶対儲かるビジネスなどありません。

嘘をついて勧誘したり、盛って話をしてはいけないというのを規定しているのが特定商取引法36条誇大広告などの禁止です。

 

・断られたのにまた勧誘する

断られているのに何度も勧誘するのもアウトです。

2回目でアウトです。

 

・家で勧誘する

勧誘員の自宅など、公共の場所以外で連鎖販売取引に勧誘するのは違法です。

ファミレスやホテルのラウンジなど、他の人がいるところで勧誘や契約をしなければいけません。

 

・契約するまで帰らない・帰らせてくれない

勧誘が長時間にわたったり、なかなか帰らせてくれなかったりする場合は法律違反です。

もちろん断っているのに帰らせてくれないのも違法です。

 

・クーリングオフの説明をしないまま勧誘

クーリングオフに関する説明をしないなど、重大なことを事前にあえて説明しない行為を事実の不告知といいます。

誰でも儲かるわけではないのに実際は一握りの人しか儲けていない事実を言わなかったり、不労所得を得るにはどれぐらいの負担があるのかを告げなかったりするのも、同じような問題になってきます。

 

実際にニュースキンに勧誘された!

数年前ですが、私もニュースキンに勧誘されました。

当時フリーターだった私は入ったばかりのバイト先の先輩に誘われ、その先輩の友人宅に行きました。

ちょっと怖かったですが、良くして貰っていた先輩だったので断ることもできずノコノコとついて行ってしまったんですね。

そして戸建て2階の部屋に通され、早々に「良い話があるんだけど」と切り出されました。

「今のバイトより楽に稼げる」とか「若いほうが簡単だよ」とか色々言われたのを今でも覚えてます。

当時ネットワークビジネスにそこまで詳しくなかった私ですが、流石に「あっ、これはマズイな」とおもいましたもん。

でも先輩の前でしたし、中々帰ることもできず誘いはやんわりと断ってたんですがまぁしつこく勧誘してきます。

もう契約しないと帰れない雰囲気満々でしたね。

面倒だし契約してさっさと帰ろうと思ってたその時、バイト先からヘルプ依頼の電話が入りなんとかその場は帰れました。

他の同僚バイトの人に聞いた所、その先輩はニュースキンの勧誘をやっていてかなりしつこいことで有名で何人か勧誘されているとのことでした。

その日のうちに私はバイトを辞めました。

もちろん勧誘者の先輩からの連絡は一切無視です。

だってめちゃくちゃ怖かったんですもんw

 

この勧誘の仕方は問題が多数あります。

まずは①場所が家ということ。②ニュースキンの勧誘と伝えなかったこと。③簡単に稼げると嘘をついたこと。④断ってもしつこく勧誘してきたこと。

はい、完全にアウトです!

 

もうこの方達とは関係は無いのでどうなったかは知りませんが、もしかしたらニュースキン内での処分があったかもしれませんね。

ニュースキンの危ない噂!?それ違反行為なんじゃないの!?まとめ

いかがでしたか?

マルチ商法自体は合法であり、法的には何も問題のないビジネスです。

しかし直接の勧誘にはかなり厳しい制限がかけられているのがおわかりいただけたと思います。

それでも大変な勧誘を伴うネットワークビジネスをやってみたいと思いますか?

もし可能であればそんな無理な勧誘が無い方が良いと思いませんか?

実際にそんなネットワークビジネス、存在するんです!

その一つを紹介しますね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました