フォーデイズの評判は?良い所・悪い所を紹介します!【MLM・ネットワークビジネス】

MLM・ネットワークビジネス

フォーデイズの評判、良い所と悪い所を紹介していきます!

 

MLM・ネットワークビジネスの世界では売上上位のフォーデイズ。

商品力があり、ビジネスの一つとして参入を考えている人もいるかと思います。

この記事ではフォーデイズの良い所、悪い所を紹介していきます!

 

フォーデイズってどんな会社?

フォーデイズは1997年設立の、主に健康食品や化粧品の開発販売を行っている会社です。

2019年3月期の会員数は25万人、売上336億円となっています。

日本全国に事業所を持ち、自社工場もあります。

アジア圏にも拠点を拡げており、東南アジアに進出予定だそうです。

事業を拡大しているあたり、成長している企業と言えそうですね。

フォーデイズはマルチなのか?

フォーデイズはマルチ商法です。

マルチ商法(連鎖販売取引)とは、物品の販売(または役務の提供等)の事業であって再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をすることをいいます。

簡単に言うと、ちゃんと商品をを販売して、他の人に「権利収入で稼げるよ!」と会員に勧誘していくビジネスのことです。

日本では法律で禁止されているネズミ講(無限連鎖講)と混同される傾向にあり、マルチ商法に対してあまり良いイメージがありませんね。

フォーデイズの良い所

・商品が良い

特に健康食品は有名で、良質な物が多いです。(とりあえず今は特定商取引法違反のことについては触れず)

核酸ドリンクをはじめとする核酸関連商品のシェアは80%を超えており、核酸業界のリーディングカンパニーとしての地位を築き上げています。

商品開発や品質管理なども自社で行っており、相当商品には自信があるようですね。

 

・権利報酬が得られる

フォーデイズの会員となり、新たな会員を紹介したりその会員の方が製品を購入したりすることで報酬をえられます。

報酬の仕組みも明瞭でわかりやすい仕組みとなっています。

フォーデイズの悪いところ

良いところだらけののように感じるフォーデイズですが、悪い所ももちろんあります。

・悪いニュースが先行している

平成29年11月に特定商取引法違反で行政処分を受けたフォーデイズ。

勧誘者が違法な勧誘と、事実と異なる商品説明を行っていたことが原因です。

これにより悪いイメージが先行してしまったことは事実で、フォーデイズの名前だけで敬遠されてしまうこともあるそうです。

 

・直接お金の話をしなくてはならない

紹介する時、もちろんタダというわけにはいきませんからお金の話をしなければいけない場面が必ず来ます。

決して安い金額ではないフォーデイズの商品。

そのお金の話を、直接友達や親戚、家族にしていく。

相手からすると身近な人から直接お金の話をされて良い気分にはなりませんよね。

する側にとってもそうなんじゃないでしょうか・・・

 

・会員になるには毎月製品を購入しなければならない

自分もフォーデイズ愛用者で、商品を使用するのであれば良いですがビジネス目的だと製品購入はキツイですね・・・

 

フォーデイズの評判、良い所・悪い所まとめ

いかがでしたか?

フォーデイズは立派なビジネスですし、今も収益を上げている会社ですからまだまだ参入する余地はあると思います。

しかし悪いイメージが先行しており、今から始めるのはかなりのハンデやリスクを背負うのと一緒です。

始まった頃に比べるとチャンスは少ないでしょう。

 

この記事を読んだ方はMLM・ネットワークビジネスをやってみたいとか興味がある方だと思います。

どうせやるなら、これからの時代を駆け抜けていくMLM・ネットワークビジネスの方が良いですよね。

そんなビジネスあるの?と思ったあなた!

稼げる可能性が十分にあり、膨大なチャンスが眠っているMLM・ネットワークビジネスは※※※です!

詳しくはこちらをご覧ください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました